投銭改め“LOVE MONEY”導入について

皆様日々ありがとうございます☆


ボクはライブをさせて頂く上での

“投銭”というマネタイズスタイルが好きだ。




それぞれが持つ所持金の中で

インスピレーションで決めた金額を支払って頂く。

そこには心から心への手渡しがあって、

ライブの出来がしっかり反映される。

つまり“愛”があるのだ。

音楽などの腹の足しにならないものには向いている。




ところがここのところ、

昨今の事情からネット上における

ライブ配信のマネタイズ方法として

“投銭”という言葉が広く使われはじめ、

ボクの好きな“投銭”とは少し違って来た。



YouTubeにおいては

チャンネル登録者数が1000人以上でないと

投銭システムは使えないし、

集まった金額が公表されるものも多く、

ある一定の金額から選択するものも多い。




それが悪いというわけではないが

ボクの好きな“投銭”ではない。




そもそも世の中は“投銭”という

不安定な集金システムを軽く見てはいないですか?

その気持ちもわかりますけども。




あくまで例えばですが

『明日から全てのお金が無効になります。』

って言われたらどうします?




上手く分け合うか奪い合うかしかないでしょ?

この正義と悪とを上手く調和できた時、

正義でも悪でもない抜群の魅力を放つものが生まれる。

その時生きる喜びを感じ、それが“愛”のはずです。




お金の正義と悪を調和させ愛にする

最もわかりやすいマネタイズ方法が“投銭”なんです。

つまり生きている上で最高級の集金方法なのです。

または価格を決める時外してはいけない基本中の心得なのです。

欲も心も超えて満たされる方向性だからです。




なので、ボクのようなだらしのないやつは

そんな基本にすがっている方が軸がぶれず安全だ、とも言えます。笑




しかしもう“投銭”という言葉は旅立ちました。

もうネット上に差し上げます。笑

従来の投銭が持っていた魅力を引き継ぐ

新しい言い表しが欲しいと思いました。




なのでボクはそれを

“LOVE MONEY”とこれからは言い表していきます。

単純ですがwこれしかないでしょ。



LOVE MONEY は支払者にも受取者にも条件があってはいけない。


LOVE MONEY は支払額も受取額も公表してはいけない。


LOVE MONEY は金額を支払者が財布事情と感動で決める。


LOVE MONEY は生かし生かされ愛し愛されるループマネー。


LOVE MONEY は“真に生きる”人のツール。




いかがでしょうか?

ボクだけでなくいろんな人と共有出来たら嬉しいです。



今、ボクはできる限り

やりたくない事をやらないように、

YouTube動画を中心に自分のやりたいことで

皆さんのお役に立てるように発信しています。




もしお役に立ったらLOVE MONEYのお支払い、

どうぞよろしくお願いいたします。




大島圭太LOVE MONEY



★今日のオオシマ語録★

『愛のない自由なんて時間の浪費。』



0回の閲覧

©2018 oshimakeita all right reserved.